director

(いしい がくりゅう/1957年1月15日生まれ )
神戸芸術工科大学教授。改名前の石井聰亙(いしい そうご)の名で広く知られている。福岡県福岡市生まれ。福岡県立福岡高等学校、日本大学藝術学部中退。1976年、大学入学直後、8mm映画デビュー作『高校大パニック』が熱狂的な支持を得る。デビュー以来の鋭い表現手腕は、映画に留まらず、ミュージッククリップ、ビデオアート、写真、ライブ活動等、様々なメディアで発揮され続けている。尖端的な音楽と、風景や光の情景をミックスさせた映像表現手法は、「実験的」と評されながらも、特に同じ業界の人間や、アーティストからの評価が高いことでも有名。ちなみにクエンティン・タランティーノも石井聰亙を敬愛している。 代表作に、『狂い咲きサンダーロード』(1980年) 『爆裂都市 BURST CITY』(1982年) 『逆噴射家族 』(1984年) 『ELECTRIC DRAGON 80000V』(2001年)『生きてるものはいないのか』(2012年) 『シャニダールの花』(2013年)など。

吉村秀樹と素晴らし過ぎる俳優たちの熱さが、くすぶり続けていたアッシのロック魂に火をつけた。
映画館にふさわしく、ノスタルジーではない「今、この瞬間」のロック映画を創りたかった。
負け犬が反撃し、愛は暴走する。まだ何も終わってはいないし、何も始まっていない。
死ぬにはまだ早い、勝手にしやがれ!!

主なフィルモグラフィ:

『高校大パニック』(1976年)

『1/880000の孤独』(1977年)

『突撃!博多愚連隊』(1978年)

『高校大パニック』(1978年) ※澤田幸弘監督との共同リメイク。

『狂い咲きサンダーロード』(1980年)

『シャッフル』(1981年)

『爆裂都市 BURST CITY』(1982年)

『アジアの逆襲』(1983年)

『逆噴射家族』(1984年)

『ノイバウテン 半分人間』(1985年)

『THE MASTER OF SHIATSU 指圧王者』(1989年)

『TOKYO BLOOD』(1993年)

『エンジェル・ダスト』(1994年)

『水の中の八月』(1995年)

『ユメノ銀河』(1997年)

『五条霊戦記//GOJOE』(2000年)

『ELECTRIC DRAGON 80000V』(2001年)

『DEAD END RUN』(2002年)

『鏡心』(2005年)

『生きてるものはいないのか』(2012年)

『シャニダールの花』(2013年)